HOME>アーカイブ>つらい妊娠トラブルは便利なアイテムで乗り切ろう

妊娠中は体に水分が溜まりやすい

足元

女性が妊娠すると、体には様々な変化がおこります。つわり、腰痛、味覚の変化などが良く知られている症状ですが、実は多くの妊婦を悩ませているのが足のむくみです。妊娠すると、体に水分が溜まりやすくなり足のむくみがひどくなるのです。特に妊娠後期になるにつれて症状は重くなり、靴が入らない、足が重たい、跡が残るなどのトラブルが起きてしまいます。そこでおすすめなのが着圧ソックス、妊婦用です。着圧ソックスを履くことで血行が促進されリンパがしっかり流れるようになります。それによってつらいむくみの症状が軽減されますし、出産直後にも使用出来るのでぜひ持っておきたいアイテムの一つです。

自分に合ったものを見つけましょう

足元

注意点は、自分に合ったサイズのものを選ぶことです。小さすぎると、圧が強すぎて逆に体に悪い影響を及ぼしてしまうこともありますし、大きすぎると適度な圧がかからず足のむくみ解消の効果を得ることが出来ません。さらに、妊婦も履ける着圧ソックス、または着圧ソックス、妊婦用以外のものを履くのもNGです。妊娠中の体は非常にデリケートなので、トラブルを避けるためにもメーカーの使用上の注意を良く読み、必ず自分に合ったものを見つけましょう。

その他の効果について

足元

着圧ソックスを利用することで、体の中にたまっていた水分が適度に排出され尿がたくさん出るようになります。妊娠中は膀胱炎などのトラブルも起きやすいので、尿がたくさん出るというのはメリットの一つです。また、むくみがひどく象のようになってしまった足でも、着圧ソックスを履くことでスッキリと見え、見た目の問題も解決されます。ただし、無事に出産すると足のむくみは嘘のように解消されます。つらい妊婦生活ですが、期間限定のことと割り切って、着圧ソックス、妊婦用を駆使しながら乗り切りましょう。